iPhone SE (第2世代) 2020 の香港モデルは技適あり、シャッター音無しの最強モデル(物理デュアルSIM除く)

iPhone SE (第2世代) の香港モデルを購入しました。シャッター音を消せますよ。

経緯

現在使用している iPhone がずいぶんと古くなり、そろそろ新しいものに変えようと思い始めていました。私が iPhone に求めることは、

  • 片手で気軽に操作できること
  • Touch ID 指紋認証であること
  • マナーモードでカメラのシャッター音を消すことができること
  • 技適マークがあること

この 4 点のみです。

2020年初頭、この条件をすべて満たし、比較的購入の敷居が低いものは iPhone 6s の香港モデル、または iPhone SE の香港モデルでした。

しかし、その時点で iPhone 6s は 4 年半以上前に発売された製品であり、チップも A9 です。その時点で最新のチップは A13 であり、4 世代前のチップです。

iPhone SE もその時点で 4 年近く前に発売された製品であり、チップも A9 です。

今 iPhone 6s や iPhone SE を購入してもすぐに陳腐化しそうだな、どうしようかなと悩んでいました。2020年春に発売されると噂されていた iPhone 8 ベースの新型 iPhone SE に期待しながら。

希望の星、iPhone SE (第2世代)

そしてその日がやってきました。

2020 年 4 月 16 日、iPhone SE (第2世代) が発表されました。

しかも、発表時点で最新のチップである A13 搭載、ベースは噂通り iPhone 8 の筐体、それでいて128GB の価格が税込でなんと 54,780 円。この情報を見て思いました。なんだこれは…。これこそ、私が考える最強の iPhone ではないか…と。

あ、あとはシャッター音だ。日本のモデルは? そして、ほ、香港のモデルはどうなってるのか?と確認してみました。

日本で販売されているものは、モデル A2296 です。

Apple(日本)

iPhone SEの魅力はA13 Bionic、ポートレートモード、次世代のスマートHDR、4Kビデオ、Touch ID…

香港で販売されているものは、Model A2296 です。

Apple (Hong Kong)

iPhone SE. A13 Bionic. Portrait mode. Next-generation Smart …

過去の iPhone がそうであったように、同じモデルであれば認証情報は同じでしょう。よって、香港モデルにも日本の技適情報があるでしょう。

ただひとつ、モデル名が同じであっても日本モデルと香港モデルの大きな差は、香港モデルはマナーモードでカメラのシャッター音を消すことができる、ということです。ただこの 1 点のためだけに、私は iPhone を購入する際は必ず香港モデルを選ぶようにしています。香港モデル以外の海外モデルでもよいのですが、個人で転送サービスを利用するなど、購入の敷居が上がってしまいます。一方、香港モデルは気軽にネットショッピングで購入できます。

ということで、iPhone SE (第2世代) の香港モデルを購入することに決めました。

注文から到着まで

iPhone の香港モデルの購入はいつも Expansys で行っています。

SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品とその他の関連アクセサリを扱うオンラインショップです。…

2020-04-19 

Expansys で予約注文をしました。iPhone SE 2 (第2世代) の 128GB、Black を予約しました。配送業者としてはヤマト運輸を指定しました。

2020-04-23

Expansys より、予約注文はもうすぐ出荷開始準備完了です、とのメールが届きました。

この時点で初めて本体価格を知り、すぐに支払いを行いました。支払総額は、日本円で 64,925 円でした。

日本モデルの 128 GB は前述の通り税込 54,780 円なので、それよちも 1 万円程度高くなります。シャッター音を完全に消し去るのに 1 万円を払えるかどうか、それは各々の判断次第でしょう。

iPhone SE A2296, 128GB, BlackJPY63725
ShippingJPY1200
TotalJPY64925

支払い完了から 1 時間半後に注文承認通知書のメールが届きました。

2020-04-29

Expansys より、出荷通知メールが届きました。発送処理が完了されたとのことです。

2020-05-01

香港ヤマト国際物流株式会社より、「国際宅急便 輸入手続き完了のご案内」メールが届きました。このメールの本文中に、お届け時に関税等3,700円の支払いが必要と記載されていました。

その 2 時間後、クロネコヤマト国際宅急便より、お荷物を 【5月2日(土) 時間帯希望なし】 にお届け予定です、とのメールが届きました。ここにも、お支払い代金3,700円と記載されていました。

2020-05-02

お昼に無事に届きました。

開封

iPhone しか注文していないのに、なんかちょっと大きな段ボールで届きました。

段ボールの中に入っていたものです。やけに段ボールが大きいなと思ったら、Mobile phone wireless charging sterilizing box という製品が付いていました。しかも無料で。OJD-L03 というモデルでした。

そして、一番右側、iPhone 香港モデルの AC アダプタを日本でも使用できるようにする AC アダプタのアダプタも付いていました。無料で。これは、Expansys の粋な計らいですね。ありがとうございます。

iPhone の外箱の裏側です。MXD02ZP/A iPhone SE, Black 128GB で、Model A2296 です。

香港モデルのため、AC アダプタの形状が日本モデルと異なります。

日本の技適マークもありました。

そして、一番重要な点、サイレントスイッチを ON にすると、カメラのシャッター音を消すことができました。

弱点

そんな iPhone SE (第2世代) ですが、唯一の弱点があります。それは、バッテリーの持ちが悪いこと。これは筐体の大きさ、重さとのとトレードオフなので仕方がありません。受け入れるしかありません。

素直にモバイルバッテリーを使用しましょう。