【AWSで独自ドメイン、TLS/SSLのWordPress (3)】VPCの作成

AWS

【AWSで独自ドメイン、TLS/SSLのWordPress】シリーズの 3 回目の投稿です。

AWS で独自ドメイン、TLS/SSL の WordPress を構築する際、SSL/TLS 証明書はロードバランサーに設定します。そのロードバランサーに設定するための VPC を作成します。

AWS マネジメントコンソールを開き、VPC に入ります。

VPC ダッシュボードで VPC をクリックし、VPC の作成ボタンをクリックします。

VPC の作成画面が表示されます。名前タグと IPv4 CIDR ブロックを入力します。IPv4 CIDR の設定はどれだけ数のサーバーを稼働させるかにも依ります。私はロードバランサーで数台のサーバーを稼働させることを想定して 192.168.0.0/27 としました。IPv6 も使用したい場合は、IPv6 CIDR ブロックで、Amazon が提供した IPv6 CIDR ブロックを選択しておくとよいでしょう。

結果として、下図のような設定としました。作成ボタンをクリックします。

作成が完了します。

VPC 画面に、作成した VPC が表示されています。IPv4 CIDR, IPv6 CIDR も設定されています。