広告

Raspberry Pi 3 Model B に Ubuntu 18.04 をインストールする件

手順は Ubuntu の Wiki に書かれています。

microSD カードに Raspberry Pi 2 用のイメージを書いて、いくつかのファイルを操作し、その後、microSD カードを Raspberry Pi 3 Model B を挿して起動、という流れのようです。

Ubuntu PC を使って microSD カードに書き込みっ。

curl -O http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu/releases/18.04/release/ubuntu-18.04-preinstalled-server-armhf+raspi2.img.xz
xz -dv ubuntu-18.04-preinstalled-server-armhf+raspi2.img.xz
sudo dd bs=4M if=ubuntu-18.04-preinstalled-server-armhf+raspi2.img of=/dev/sdX
sudo sync

あっという間に書き終わりっ。

563+0 records in
563+0 records out
2361393152 bytes (2.4 GB, 2.2 GiB) copied, 2.08276 s, 1.1 GB/s

microSD の中のファイルを操作するわけですが、Ubuntu PC では何かうまくできなかったので、Mac に microSD カードを挿して作業継続しました。Mac に microSD カードを挿すと system-boot という名前で認識されます。

system-boot の中に config.txt というファイル名のテキストがあります。下記のように変更しておきます。

before

kernel=uboot.bin
device_tree_address=0x02000000

after

kernel=vmlinuz
initramfs initrd.img followkernel
#device_tree_address=0x02000000

次に、bcm2710-rpi-3-b.dtb ファイルを入手し、system-boot 直下に置きます。bcm2710-rpi-3-b.dtb は、例えば GitHub で入手できます。

https://github.com/raspberrypi/firmware/blob/master/boot/bcm2710-rpi-3-b.dtb

Raspberry Pi 3 Model B に、HDMI モニタ、キーボード、ネットワークケーブルを接続し、microSD カードを挿して起動します。

起動後の情報です。

uname -a
Linux ubuntu 4.15.0-1010-raspi2 #11-Ubuntu SMP PREEMPT Tue Apr 24 06:27:17 UTC 2018 armv7l armv7l armv7l GNU/Linux

bionic です。

cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=18.04
DISTRIB_CODENAME=bionic
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 18.04 LTS"

32GB の microSD カードを使用しましたが、きちんと自動で拡張されていました。

df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev            447M     0  447M   0% /dev
tmpfs            93M  4.4M   88M   5% /run
/dev/mmcblk0p2   29G  1.3G   28G   5% /
tmpfs           461M     0  461M   0% /dev/shm
tmpfs           5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs           461M     0  461M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1  128M   38M   91M  30% /boot/firmware
tmpfs            92M     0   92M   0% /run/user/1000

広告

Raspberry Pi

Posted by admin