広告

Webinar の無料受講で、PMP の PDU が自動承認されるという話

PMP を継続するためには、3 年間で 60 PDU 以上の登録が必要です。夏休みの宿題は 7 月中に終わらせていた派なので、PDU もできるだけ前倒しでいきたいと思います。

PMP 資格更新の手順
https://www.pmi-japan.org/pmp_license/renewal/

ProjectManagement.com で提供されている無料の Webinar (Web 上のセミナー、オンラインセミナー) を受講すると、受講後に PDU の自動申請、そして即座に承認されます。

Webinar には Free と Premium の 2 種類があるのですが、PMI の会員登録をしていなくても Free は受講できるようです。しかし、これを書いている時点で Free は 115、Premium は 1492 です。多くの Webinar は 1 つあたり 1 PDU です。Premium は頻繁に追加されているようです。Webinar をメインに PDU 取得したい人は PMI の会員登録をしておくのがよいかと思います。恐らく PMP の受験申し込みをする前に PMI の会員登録 (129ドルだったかな…) をしている人が多いだろうと思いますが。自分も PMI の会員登録をしているので、以降の記述は PMI の会員であることが前提になります。

ProjectManagement.com
https://www.projectmanagement.com/

Log In で、Log in with PMI を選択します。

myPMI のユーザー情報でログインします。

“Already have a ProjectManagement.com account? Login here OR Complete Your Registration” とかいう画面に遷移します。Complete Your Registration するために必要な情報を記入します。

ProjectManagement.com にログイン完了後、Webinars メニューから On-Demand Webinars を選択します。すると、Webinar の一覧が表示されます。

PMI CERTIFICATIONS で PMP/PgMP にチェックを入れ、興味のあるものを受講しましょう。複数の Webinar を受講する場合、PMI TALENT TRIANGLE の Technical, Leadership, Strategic をバランス良く受講しましょう。

なお、ほとんどの Webinar が英語による説明で、時間は 60 分程度です。Webinar はビデオストリーミングで早送りもできるようですが、早送りでスキップしながら受講した場合どういう扱いになるのかはわかりません。(きちんと 60 分間、スキップ無しで見ましょう!)

Webinar 受講後、1 日から 1.5 日後くらいに “Your PDU claim has been submitted” という e-mail が届きます。そして、その直後に “PDU Claim Has Been Approved” という e-mail が届きます。

myPMI https://my.pmi.org/ にアクセスして Dashboard の CERTIFICATION STATUS を確認すると、承認された PDU の情報が反映されています。

60 PDU を、この Webinar のみで取得することも可能です。つまり、PMI の年会費 (129ドル) と、3 年ごとの PMP 更新費 (60ドル) で PMP を維持できると。

広告

PMP

Posted by admin