コピペワールド

hirooka.pro

CircleCI

CircleCI で Java 9 ビルド

投稿日:

Circle CI 2.0 ですと、Java 9 のビルドができるようですね。

Tutorials & 2.0 Sample Apps
https://circleci.com/docs/2.0/tutorials/

ソースコードプロジェクトに .circleci ディレクトリを作成し、その下に config.yml ファイルを作成します。例えば下記のような感じ。

version: 2
jobs:
  build:

    working_directory: ~/myapp

    docker:
      - image: circleci/openjdk:9-jdk-browsers

    steps:

      - checkout

      - run: ./gradlew dependencies

      - run: ./gradlew test

OpenJDK の Docker イメージは https://hub.docker.com/r/circleci/openjdk/tags/ に。

クラウドにデプロイしたい場合は、https://circleci.com/docs/2.0/deployment_integrations/#google-cloud を参考に。

GitHub に push する前に、ローカルで確認することができます。

CircleCI Command Line Interface (CLI) Overview
https://circleci.com/docs/2.0/local-jobs/

コマンドラインツールをダウンロードします。

sudo curl -o /usr/local/bin/circleci https://circle-downloads.s3.amazonaws.com/releases/build_agent_wrapper/circleci && sudo chmod +x /usr/local/bin/circleci

そのツールで config.yml を検証してみます。

circleci config validate -c .circleci/config.yml

結果、

Receiving latest version of circleci...
  config file is valid

これで、GitHub に push し、Circle CI でジョブが実行されることを確認します。

-CircleCI

Copyright© hirooka.pro , 2018 All Rights Reserved.