広告

Google AdSense に登録してみた件

2018-01-08

!!! 半年以上も前に書かれた古い情報です !!!
!!! 半年以上も前に書かれた古い情報です !!!
!!! 半年以上も前に書かれた古い情報です !!!
!!! 半年以上も前に書かれた古い情報です !!!
!!! 半年以上も前に書かれた古い情報です !!!

Google AdSense に登録してみました。そのメモです。

アカウント作成

Google AdSense
https://www.google.co.jp/adsense/start/

「ログイン」をクリックし、Gmail で使用しているアカウントでログインしてみます。が、下記のように表示されました。

この Google アカウントは AdSense アカウントに関連付けられていないようですが、心配はご無用です。AdSense に関連付けられた Google アカウントを使用してログインしない場合には、新規で AdSense アカウントを作成できます。

上記文中の「作成」をクリックします。

「Google AdSense | お申込み」画面に遷移します。そこで、サイトの URL、国等を入力し、「アカウントを作成」をクリックします。

「支払い先住所の詳細」画面に遷移します。名前、住所、電話番号等を入力します。名前はローマ字、住所は日本語で入力しておきました。その後、「送信」ボタンをクリックします。

「AdSense のご利用には電話番号の確認が必要です。」との表示になります。SMS か通話で確認する必要があります。

サイトと AdSense のリンク

確認後、「サイトを AdSense にリンク」画面に遷移します。ここでは、指定のコードをコピーして自分のサイトの head タグ内に貼り付けよ、とのことです。自分は WordPress を使用しているため、ここでいったん WordPress の設定画面で設定を行います。

WordPress の場合はプラグインを使用すると良さそうです。自分は「Head, Footer and Post Injections」プラグインをインストールしました。プラグインをインストールし、Activate すると、Settings に 「Header and Footer」が現れるようになります。その設定画面の Head and footer – HEAD PAGE SECTION INJECTION – ON EVERY PAGE に AdSense で指定されたコードをペーストして Save します。Save 後、自分のサイトを開き、ページのソースを確認してみます。head タグの中にペーストされたコードがあれば OK です。

その後、Google AdSense の「サイトを AdSense にリンク」ページに戻り、「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れ、「完了」ボタンをクリックします。

すると、下記の表示となります。

お客様のサイトを審査しています
審査には通常 3 日程度かかりますが、場合によってはそれ以上かかることもあります。審査が完了したらメールでお知らせします。

審査結果

3日後どころか、4時間後くらいに「Google AdSense アカウント のステータス」というタイトルのメールが届きました。

AdSense のお申込み状況

前回のメールでお伝えしましたように、AdSense コードがお客様のサイトに配置されましたので、引き続きお申し込みの審査を行いました。その結果、お客様のアカウントで次の違反が確認されましたので、アカウントは不承認となりました。

承認されなかった理由は次のとおりです。

不十分なコンテンツ: AdSense の承認を得てサイトに関連性の高い広告を掲載していただくには、AdSense の担当者による審査とクローラによる解析でページの内容を判断できるだけのテキストがページに含まれている必要があります。

…(中略)

お申し込み内容を変更して再提出いただく場合は、google.com/adsense にアクセスして、お申し込みの際にご登録いただいたメール アドレスとパスワードを使用してログインしてください。Google の担当者が AdSense のプログラム ポリシーに準拠しているかどうかアカウントを確認いたしますので、上記の問題をすべて解決していただいたうえでお申し込みを再度ご提出ください。

不承認…。いや、まあ何かターゲットを絞って情報を発信しているわけではなく、個人のメモや日記サイトみたいなものだし仕方ないか…と。

再チャレンジ

とはいうものの、もう一度チャレンジしてみました。

本サイトでは WordPress のテーマとして、2012年の WordPress のデフォルトテーマ「Twenty Twelve」を使用していました。もう2018年ですし、今風の要求やテクノロジーを取り入れたテーマを使用してみたり、ユーザーがウェブサイトのすべてのセクションやページを簡単に見つけられるよう、わかりやすいナビゲーションを提供してみることで改善してみました。無料のテーマだと、LION BLOG、LION MEDIA、Luxeritas 辺りが良さそうでした。その中で LION MEDIA を選んでみました。そして、2日後くらいに再度申し込みをしてみました。

再審査結果

再度の申し込み後、2日後くらいに「お客様のサイトが AdSense に接続されました」というタイトルのメールが届きました。

おめでとうございます!
アカウントの承認手続きが完了しました。

何か不十分で何が改善されたから承認されたのか、まったくわかりませんが…

サイトに広告を貼ってみる

Google AdSense にログインすると、各種メニューが表示されるようになっています。「広告の設定」-「コンテンツ」-「広告ユニット」で、「新しい広告ユニット」を作成します。ここで好きな広告を作成してコードを取得します。

WordPress に戻ります。以下は LION MEDIA テーマの話になります。前述の「Head, Footer and Post Injections」プラグインで設定したコードは削除します。これを残しておくと、意図しない場所に広告が表示されました。代わりに、「外観」-「テーマ」でカスタマイズを行います。ウェジェットの任意のエリアに「[LION]広告」を追加し、広告タグに AdSense で取得したコードを貼り付けます。

サイトを表示してみて Advertisement 領域に広告が表示されれば OK です。

プライバシーポリシー

Google Adsense を利用しているサイトはプライバシポリシーを記載する必要があります。
https://support.google.com/adsense/answer/1348695

広告

お金

Posted by admin