広告

Ubuntu 16.04 で Oracle Java 9 を apt-get でインストールする件

2017-11-03

!!! 半年以上も前に書かれた古い情報です !!!
!!! 半年以上も前に書かれた古い情報です !!!
!!! 半年以上も前に書かれた古い情報です !!!
!!! 半年以上も前に書かれた古い情報です !!!
!!! 半年以上も前に書かれた古い情報です !!!

GUI 操作は一切無しでコマンド実行のみです。

sudo apt-get -y install python-software-properties software-properties-common
sudo sh -c "echo 'oracle-java9-installer shared/accepted-oracle-license-v1-1 select true' | debconf-set-selections"
sudo add-apt-repository -y ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get -y install oracle-java9-installer

2017-11-01 時点では,

java -version
java version "9.0.1"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 9.0.1+11)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 9.0.1+11, mixed mode)

実体,

which java
/usr/bin/java
ls -al /usr/bin/java
lrwxrwxrwx 1 root root 22 /usr/bin/java -> /etc/alternatives/java
ls -al /etc/alternatives/java
lrwxrwxrwx 1 root root 39 /etc/alternatives/java -> /usr/lib/jvm/java-9-oracle/jre/bin/java

なお、JAVA_HOME は oracle-java9-set-default で設定されるようですが、反映させるためには /etc/profile.d/jdk.sh を再読み込みする必要があります。

インストール直後、

echo $JAVA_HOME
(空文字)

source /etc/profile.d/jdk.sh 後、

source /etc/profile.d/jdk.sh
echo $JAVA_HOME
/usr/lib/jvm/java-9-oracle

広告