FFmpeg 変換後に音ズレが発生する場合は変換前後でサンプリング周波数を合わせると良いかもしれないという件

スポンサーリンク

FFmpeg の音のオプションを下記のように設定して変換すると、元の映像では問題ないのですが、変換後の映像で音ズレが発生することがありました。

-acodec aac -ab 128k -ar 44100 -ac 2

で、よくよく見てみると、元の映像では音声のサンプリング周波数が 48kHz でした。変換後のサンプリング周波数は上記のオプションの通り 44.1kHz です。

試しに FFmpeg のオプションのサンプリング周波数も元の映像に合わせて 48000 と設定して変換してみたところ音ズレは無くなりました。

これが果たして正しい解決法なのかどうかは分かりませんが。

FFmpeg
スポンサーリンク
コピペワールド