[OS X] Arduino Uno

スポンサーリンク

Arduino Uno

環境

Mountain Lion 10.8.2

公式情報

Arduino – MacOSX の Getting Started w/ Arduino on Mac OS X を参考にします.

ドライバ

Arduino Uno  を OS X Mountain Lion で使用する場合は,別途ドライバをインストールする必要はありません.
USB 接続するだけで認識されます.

デバイス名

自分の環境では,下記のデバイスが Arduino Uno のようです.

/dev/tty.usbmodem1411

/dev/cu.usbmodem1411

プログラムから制御する際は /dev/tty.usbmodem1411 の方を使用しています.

開発環境

Arduino で動くプログラムを製作するための IDE です.

Arduino – Software の Mac OS X をクリックします.
2013-01-08 時点,バージョンは 1.0.3 です.
ダウンロードされるファイル名は,Arduino です.

Screen Shot 2013-01-08 at 2.45.37 AM

Arduino を Finder の Applications に移動させます.

Arduino を選択し,ダブルクリックすると Arduino が起動します.

Screen Shot 2013-01-08 at 2.52.13 AM

Arduino – Tools – Board で,Arduino Uno にチェックが入っていることを確認します.

シリアルモニタ

Arduino – Tools – Serial Monitor を選択します.
Arduino Uno から何らかのシリアル出力がある場合,シリアルモニタにその内容が表示されます.
(下記は,Arduino Uno に温度・湿度センサを接続し,その値をシリアル出力している場合のものです)

Screen Shot 2013-01-08 at 2.52.40 AM