Raspberry Pi に Oracle Java SE Development Kit 7

スポンサーリンク
2014-01-15 追記.
このポストの内容は古いです.
ARM 向け Oracle JDK は Hard-float にも対応し,Soft-float Debian "wheezy" は現在存在していません.

Raspberry Pi に Raspbian をインストールし,その上に Hard-float な Oracle JDK をインストールすればよくなりました.

Raspberry Pi に Java SE Development Kit 7 (JDK 7) をインストールしてみます.

OS

Raspberry Pi にインストールする OS は Soft-float Debian “wheezy” である必要があります.
2013-03-11 時点,Oracle JDK は Soft-float のみをサポートしています.

参考情報: Oracle、Linux ARM用JDKおよびMac OS X用JREをリリース
https://blogs.oracle.com/javajp/entry/oracle_releases_jdk_for_linux

Soft-float Debian “wheezy” は,http://www.raspberrypi.org/downloads からダウンロードします.
2013-03-11 時点,2012-08-08-wheezy-armel.zip でした.

Oracle JDK 7

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html からダウンロードします.
ARM 向けは Linux ARM v6/v7 Soft Float ABI となります.
2013-03-11 時点,jdk-7u10-linux-arm-sfp.tar.gz でした.
インストール手順自体は,x86_64 の Linux の場合と同様です.
手順はこちら