Google Cloud Platform を無料トライアルで使い始める

スポンサーリンク
Google Cloud Platform

はじめに

Google が提供するクラウドサービスである Google Cloud Platform, 略して GCP でクラウドコンピューティングに触れてみます。12 ヶ月の無料トライアルで、お得に使い始めることができます。また、無料トライアル分を使い切った際、ユーザーの承諾が無い限り課金されないため、安心して使い始めることができます。

GCP は Google Chrome などの Web ブラウザを使って操作することもできますが、Cloud SDK というコマンドラインツールを使って macOS や Linux のターミナルや Windows のコマンドプロンプトからも操作することができます。

準備するもの

  • Googleアカウント
  • クレジットカード
  • macOS, Windows, Linuxのパソコン

なお、クレジットカードは、クレジットカード情報を登録するのみで、課金は自動ではされません。そのため、安心して使い始められると思います。

ちなみに、使用できるクレジットカードは

  • Visa
  • JCB
  • Mastercard
  • American Express

私は Diners をメインカードにしているのですが、Diners も使用できるようになると嬉しいですね。

おおまかな手順

Googleアカウントを作成する

Google アカウントを持っていない場合、まず作成しましょう。Google のサービスを取得するなら必須となるでしょう。

Google アカウント
では、設定やツールにアクセスしてデータの安全保護対策やプライバシーの保護を行えるほか、ご自分の情報を Google サービスの向上に役立てる方法を選択できます。

デフォルトでは Gmail アカウントを作成することになります。自分が既に持っている任意のメールアドレスを Google アカウントにすることもできます。とはいえ、Gmail アカウントを作成するのが良いと思います。その際、電話番号か再設定用メールアドレスを入力する部分がありますが、どちらかを入力しておくことを強く推奨します。

Google アカウントに何か問題が起きた場合、再設定用の電話番号かメールアドレスを設定しておかないと困ったことになる可能性があります。私はプロバイダのメールアドレスを設定しています。

無料トライアルの開始

Google Cloudのページにアクセスしましょう。

Google Cloud including GCP & G Suite — Try Free  |  Google Cloud
Build, innovate, and scale with Google Cloud Platform. Collaborate and be more productive with G Suite. See what’s possible with Google Cloud.

GCP 無料トライアルボタンをクリックして、Google アカウントでログインして無料トライアルを始めましょう。

無料トライアルのステップ1/2ページにも書かれているように、

  • 今後12ヶ月使える300ドル分を獲得!
  • 無料トライアル期間が終了しても自動的に課金されることはない!

為替の状況で、300 ドルを円に換算した場合の額が異なります。私が試した 2018 年 11 月某日の場合、300 ドル分は日本円で 34,148 円分でした。

ステップ2/2ページでは、個人で使う場合、アカウントの種類を個人に設定します。そして、名前、住所を入力し、クレジットカードを登録し、無料トライアルを開始してみます。

Webブラウザ(コンソール)

クレジットカードを登録し、無料トライアルを開始すると、Web ブラウザで GCP のコンソールにアクセスできるようになります。

ここで、まず2つの設定と1つの確認を行っておきましょう。

  • まず、プロジェクトを作成します。
  • 続いて、画面左側のメニューの Comupte Engine をクリックします。これにより、Compute Engine で仮想マシンのインスタンスを立てられるようになります。Compute Engineは、Google Compute Engine を略して GCE と呼ばれることが多いです。

そして重要なお金のことを確認しておきましょう。

  • 画面左側のお支払いをクリックし、クレジット残高を確認します。

2018 年 11 月某日に無料トライアルを開始した場合、無料トライアルの 300 ドル分のクレジット残高は 34,148 円でした。1 ドル 113.8 円くらいで換算されていました。

Cloud SDK

続いて、コマンドラインで GCP の各種操作を行うことができる Cloud SDK をインストールしましょう。

ここからは macOS で話を進めます。

Cloud SDKのダウンロード

Cloud SDK > Documentation > Quickstart macOS

Quickstart for macOS  |  Cloud SDK Documentation  |  Google Cloud

tar.gz のパッケージをダウンロードします。注意点としては、同じ URL でも英語表示と日本語表示とではパッケージのバージョンが異なります。

2018 年 11 月某日の時点では、英語表示では 225.0.0 で、日本語表示では 218.0.0 でした。

Google Cloud のページは日本語表示でも提供されていますが、基本は英語で、日本語訳は遅れて行われるようです。最新の情報を得るために、まずは英語表示の情報を確認することをお勧めします。

英語が苦手?そういう場合はGoogle 翻訳を使いましょう!

Google 翻訳
Google の無料サービスなら、単語、フレーズ、ウェブページを英語から 100 以上の他言語にすぐに翻訳できます。

パッケージはWebブラウザからダウンロードすることもできますし、ターミナルでcurlコマンドを使ってダウンロードすることもできます。

curlコマンドでダウンロードする場合は、例えば下記のように行います。

curl -O https://dl.google.com/dl/cloudsdk/channels/rapid/downloads/google-cloud-sdk-224.0.0-darwin-x86_64.tar.gz

※ 私が実際に作業したときのCloud SDKのバージョンは224.0.0でした。そのため、これ以降のCloud SDKのバージョン記述は224.0.0となっています。

Cloud SDKのインストール

ダウンロードした Cloud SDK のパッケージを適当な場所に配置し、ターミナルでインストールスクリプトを実行します。下記はその一例です。

tar zxvf google-cloud-sdk-224.0.0-darwin-x86_64.tar.gz
mv google-cloud-sdk ~/
cd
./google-cloud-sdk/install.sh
source ~/.bash_profile

最後の source コマンドを実行することで、ターミナルで Cloud SDK のコマンドを実行できるようになります。

それでは、まず init コマンドを実行し、初期設定を行います。ターミナルで下記のコマンドを実行します。

gcloud init

すると、以下のようにつらつらといろいろと表示されます。自分で判断して入力するのが必要なのは、4箇所です。

  • まず、Google アカウントでログインする?に対する回答 (回答後、いったん Web ブラウザに飛んで Google アカウントでログインします)
  • 次に、どのプロジェクトを使う?に対する回答 (既に Web ブラウザで作成しておいたプロジェクトを選択します)
  • 次に、GCE のリージョンとゾーンを設定する?に対する回答(後々必要になるのでここで設定しておきまします)

ちなみに、Google Cloudのリージョンとゾーンは下記のページに情報があります。

Regions and Zones  |  Compute Engine Documentation  |  Google Cloud

東京を設定したい場合は、

  • asia-northeast1-a
  • asia-northeast1-b
  • asia-northeast1-c

です。

You must log in to continue. Would you like to log in (Y/n)? Y

You are logged in as: [xxxxxxxx(at)gmail.com].

Pick cloud project to use: 
 [1] my-project-01234567
 [2] Create a new project
Please enter numeric choice or text value (must exactly match list 
item):  1

Your current project has been set to: [my-project-01234567].

Do you want to configure a default Compute Region and Zone? (Y/n)? Y 

Which Google Compute Engine zone would you like to use as project 
default?
If you do not specify a zone via a command line flag while working 
with Compute Engine resources, the default is assumed.
 [1] us-east1-b
 [2] us-east1-c
 [3] us-east1-d
 [4] us-east4-c
 [5] us-east4-b
 [6] us-east4-a
 [7] us-central1-c
 [8] us-central1-a
 [9] us-central1-f
 [10] us-central1-b
 [11] us-west1-b
 [12] us-west1-c
 [13] us-west1-a
 [14] europe-west4-a
 [15] europe-west4-b
 [16] europe-west4-c
 [17] europe-west1-b
 [18] europe-west1-d
 [19] europe-west1-c
 [20] europe-west3-b
 [21] europe-west3-c
 [22] europe-west3-a
 [23] europe-west2-c
 [24] europe-west2-b
 [25] europe-west2-a
 [26] asia-east1-b
 [27] asia-east1-a
 [28] asia-east1-c
 [29] asia-southeast1-b
 [30] asia-southeast1-a
 [31] asia-southeast1-c
 [32] asia-northeast1-b
 [33] asia-northeast1-c
 [34] asia-northeast1-a
 [35] asia-south1-c
 [36] asia-south1-b
 [37] asia-south1-a
 [38] australia-southeast1-b
 [39] australia-southeast1-c
 [40] australia-southeast1-a
 [41] southamerica-east1-b
 [42] southamerica-east1-c
 [43] southamerica-east1-a
 [44] asia-east2-a
 [45] asia-east2-b
 [46] asia-east2-c
 [47] europe-north1-a
 [48] europe-north1-b
 [49] europe-north1-c
 [50] northamerica-northeast1-a
Did not print [6] options.
Too many options [56]. Enter "list" at prompt to print choices fully.
Please enter numeric choice or text value (must exactly match list 
item):  list
 [1] us-east1-b
 [2] us-east1-c
 [3] us-east1-d
 [4] us-east4-c
 [5] us-east4-b
 [6] us-east4-a
 [7] us-central1-c
 [8] us-central1-a
 [9] us-central1-f
 [10] us-central1-b
 [11] us-west1-b
 [12] us-west1-c
 [13] us-west1-a
 [14] europe-west4-a
 [15] europe-west4-b
 [16] europe-west4-c
 [17] europe-west1-b
 [18] europe-west1-d
 [19] europe-west1-c
 [20] europe-west3-b
 [21] europe-west3-c
 [22] europe-west3-a
 [23] europe-west2-c
 [24] europe-west2-b
 [25] europe-west2-a
 [26] asia-east1-b
 [27] asia-east1-a
 [28] asia-east1-c
 [29] asia-southeast1-b
 [30] asia-southeast1-a
 [31] asia-southeast1-c
 [32] asia-northeast1-b
 [33] asia-northeast1-c
 [34] asia-northeast1-a
 [35] asia-south1-c
 [36] asia-south1-b
 [37] asia-south1-a
 [38] australia-southeast1-b
 [39] australia-southeast1-c
 [40] australia-southeast1-a
 [41] southamerica-east1-b
 [42] southamerica-east1-c
 [43] southamerica-east1-a
 [44] asia-east2-a
 [45] asia-east2-b
 [46] asia-east2-c
 [47] europe-north1-a
 [48] europe-north1-b
 [49] europe-north1-c
 [50] northamerica-northeast1-a
 [51] northamerica-northeast1-b
 [52] northamerica-northeast1-c
 [53] us-west2-a
 [54] us-west2-b
 [55] us-west2-c
 [56] Do not set default zone
Please enter numeric choice or text value (must exactly match list 
item):  55

Your project default Compute Engine zone has been set to [us-west2-c].
You can change it by running [gcloud config set compute/zone NAME].

Your project default Compute Engine region has been set to [us-west2].
You can change it by running [gcloud config set compute/region NAME].

Your Google Cloud SDK is configured and ready to use!

* Commands that require authentication will use xxxxxxxx(at)gmail.com by default
* Commands will reference project `my-project-01234567` by default
* Compute Engine commands will use region `us-west2` by default
* Compute Engine commands will use zone `us-west2-c` by default

Run `gcloud help config` to learn how to change individual settings

This gcloud configuration is called [default]. You can create additional configurations if you work with multiple accounts and/or projects.
Run `gcloud topic configurations` to learn more.

Some things to try next:

* Run `gcloud --help` to see the Cloud Platform services you can interact with. And run `gcloud help COMMAND` to get help on any gcloud command.
* Run `gcloud topic -h` to learn about advanced features of the SDK like arg files and output formatting

これで、Web ブラウザ、ターミナル (コマンドプロンプト) で GCP の無料トライアルを使う準備が整いました。それでは良き GCP ライフを。

ちょっと待って!無料トライアルを終わった後もお安く使いたいです・・・

Google Cloud Platformの無料枠
https://cloud.google.com/free/?hl=ja