カテゴリー:FFmpeg

1/6ページ
  • 2017.11.07

FFmpeg で HEVC/H.265, H.264

Ubuntu 16.04.3 と FFmpeg snapshot (2017-11-06) にて。 まず、各種パッケージを。(無関係なものも含まれているが…) あとは、nasm, x264, x265 を入れて、FFmpeg を。 変換は、例えば、

  • 2017.07.30

iOS, macOS における HTTP Live Streaming (HEVC) 用のメディアファイルを FFmpeg で作成するにあたり

iOS, macOS における HTTP Live Streaming (HEVC) の再生機能は共に今日現在ではベータ版の機能であるため、再生できるかどうかについては記載していません。 環境はこちら。ハードウェア支援が無いとリアルタイムの変換が厳しいのでもう最近はビデオカードを購入して NVENC のみです。QSV は Linux でやるには CPU と OS の制限が厳しすぎて・・・。 そう、 […]

  • 2017.04.02

MSI GeForce GTX 1050 2GT LP と Ubuntu 16.10 と FFmpeg 3.2.4 で NVENC

現在、Intel Media Server Studio 2017 R2 と Skylake と CentOS 7.2 と FFmpeg 3.2 で h264_qsv なトランスコードを行っています。しかし、対応 CPU はほぼ Skylake といってもよい状況、OS に至っては CentOS 7.2 というディストリとバージョンまで指定され、環境の縛りが非常に厳しいです。プライベートではあまり […]

  • 2017.03.21

FFmpeg 変換後に音ズレが発生する場合は変換前後でサンプリング周波数を合わせると良いかもしれないという件

FFmpeg の音のオプションを下記のように設定して変換すると、元の映像では問題ないのですが、変換後の映像で音ズレが発生することがありました。 で、よくよく見てみると、元の映像では音声のサンプリング周波数が 48kHz でした。変換後のサンプリング周波数は上記のオプションの通り 44.1kHz です。 試しに FFmpeg のオプションのサンプリング周波数も元の映像に合わせて 48000 と設定し […]

  • 2017.02.12

Raspberry Pi 3 Model B, FFmpeg, OpenMAX IL H.264 ハードウェアエンコード、トランスコード

Raspberry Pi 3 Model B と avconv を使用して OpenMAX IL を使用した H.264 に関するポストを過去にしていましたが、FFmpeg でも使用できるようになっているようです。結構前から気付いてはいたのですが放置していました。 Raspberry Pi 3 Model B で OpenMAX IL を使用した H.264 なハードウェアエンコード / トランス […]

1 6